松山市 -生ごみ水切り啓発ピクトグラム-


令和2年10月24日にアイテムえひめで開催された「まつやま環境フェア2020」にて 生ごみ水切り啓発ピクトグラムの表彰式が行われ、最優秀賞として高校生の女性が応募したピクトグラムが採用されました。

ピクトグラムを使用し、生ごみの水切りを啓発するこの活動は 確実にゴミの量を減らし、家庭での生ごみの匂いを抑えたり ゴミが軽くなることでゴミ出し負担を軽減することもでき、実践しやすい一つの環境活動として有効と言えます。

松山市ー水切りピクトグラムー
生ごみ水切り啓発ピクトグラム

松山市の平成28年度の1人1日当たりのごみ排出量は、人口50万人以上の都市の中で最少になりました。
ごみの水分量は80%を占めており 水をよく絞って排出することで、排出されたゴミは燃えやすくなり 環境負担を軽減することができます。
生ごみの水切りを始めとし、松山市のごみ排出量削減のためのシンボルマークとして活用されています。

三共産業株式会社はこの活動を応援しています。